花粉症の辛い鼻水、鼻づまりに効く薬は、漢方の小青龍湯!小青龍湯ってどんな薬なの?

目安時間:約 7分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

”line”
毎年やってくる花粉症のシーズン。花粉症の方にとっては辛い季節でもあります。みなさんは対策は万全でしょうか?



かく言う私も花粉症の症状持ちです。初めて花粉症の症状が出たときはショックでしたね。いつかはなるのだろう、と頭で理解していても、いざ症状が出てきて、耳鼻科でアレルギー検査をして、「ハイ、あなたは花粉症です」と言われると、やっぱりショックですよ。

しかし、なっちゃったものはしょうがないですから、何とかしないといけません。耳鼻科に通って、薬をもらって、それを1日2回飲む。そんな生活をしてきましたが、やってみると分かるのですが、これってすごく不便なんですよね・・・。

まず耳鼻科に通うのが面倒。そして、耳鼻科で長時間待たされる。薬だけもらうことはできないので、お医者さんの問診が必要なので、その分余計な費用がかかる。それでも薬が効けばよいのですが、効き目もイマイチ。その薬をもらうために定期的に耳鼻科に通い、高いお金を払う。ものすごくモヤモヤしましたね。

それを耳鼻科のお医者さんに相談したところ、「手術をやってみますか?」とのアドバイス。それで薬を飲まなくて済むのなら、とやってみたのですが・・・。私が試したのは、酢酸で鼻の中の粘膜を焼き切る手術(鼻腔粘膜焼灼術)なのですが、これがかなり辛い。手術自体は麻酔があるので痛くないのですが、手術後に鼻の穴がジンジンしてものすごく痛いのです。

その後、粘膜を焼灼した部分にかさぶたができて、定期的に鼻の穴から「ポンッ!」と飛び出してくるし・・・。1週間くらいするとこれらも収まるのですが、これだけ辛い思いをした割には、効き目がイマイチだったのがもっとショックでしたね。しかも、鼻腔粘膜焼灼術の効き目は1~2シーズンだけ。これは失敗でした。






◆花粉症の辛い鼻水、鼻づまりに一番効く薬「小青龍湯」


そんなとき、たまたまある方から、こんな話を聞きます。「私は小青龍湯(ショウセイリュウトウ)を使っていて、症状がピタッとおさまったよ。」と。「小青龍湯」ってなんだ?

「小青龍湯」は漢方薬で、アレルギー性鼻炎や喘息などに用いられるものです。しかし、そもそも漢方って効くの・・・?

いろいろ考えましたが、この困った状況をとにかくすぐに何とかしたかったので、「小青龍湯」を購入。まだ花粉症シーズンの前でしたが、シーズン前から飲む方が効果的と聞いていましたので、早速飲み始めたのでした。

そして、いよいよ花粉症シーズンが始まります。まだ花粉症の症状が出ません。今年は花粉が少ないのかな?いや、そんなことはなく、例年通りの多さみたいです。しかし、症状が出ない。・・・これは「小青龍湯」のおかげ?

ときどき鼻水やくしゃみが出ることはあるものの、それもすぐに収まります。耳鼻科でもらう薬とは効果が断然違いました。花粉症が辛くないシーズンがこんなに簡単に来るなんて・・・!





◆もう一年「小青龍湯」の効果を確認してみた


翌年も「小青龍湯」を使ってみました。もしかしたら、効き目があったのはたまたまだったのかもしれない。1年目だけは聞いて、2年目は効かないかもしれない。本当は今年も効いてほしい気持ちでいっぱいだけれども、やっぱりこれは確認しないといけません。そして、「小青龍湯」2年目のシーズンが来ました・・・。


やっぱり、効き目は抜群でした。これはホンモノだと確信しました。今まで耳鼻科に通っていたのは何だったのだろう?鼻の粘膜を焼いたあの辛さのは一体・・・?


「小青龍湯」は効き目はもちろんですが、副作用もありませんでした。耳鼻科でもらった薬は、眠くなるとか、喉が渇くと言った副作用があったのですが、そんなことはありませんでした。副作用が無いのは漢方らしい特徴ですね。


また、「小青龍湯」はシーズンが始まる前から飲むのがよいですが、症状が辛いときに飲む薬(とんぷく薬)としても効果的です。花粉症の症状で辛い人に一袋をあげたことがあるのですが、「コレ効くな~!」と言って驚いていました。それで、こんな使い方もあるんだ、と知りましたね。


漢方と言えばツムラの漢方が一番信頼できると思いますが、「小青龍湯」の価格は64包で約4,800円。1日2回服用するので、1日あたり150円。1シーズンですと、2,3,4月の3か月間服用するとして、13,500円。耳鼻科に行って薬をもらう場合は1回3,000円くらいで4~5回は行っていたので、お値段的には同じくらいか、それよりもお値打ちですね。耳鼻科に行く手間や、効き目のことを考えると、「小青龍湯」の方が断然お得と言えるでしょう。



ツムラ漢方小青竜湯エキス顆粒


【第2類医薬品】ツムラ漢方小青竜湯エキス顆粒 64包

新品価格
¥4,800から
(2016/3/6 16:58時点)




同じ「小青龍湯」で、違うメーカーのものもあります。こちらの効き目がツムラと同じか分かりませんが、こちらの方が若干お値段も安めになっていますね。



【第2類医薬品】小青竜湯エキス顆粒クラシエ

【第2類医薬品】小青竜湯エキス顆粒クラシエ 45包

新品価格
¥1,680から
(2016/3/6 16:59時点)




「小青龍湯」のおかげで、花粉症のシーズンは毎年助けられています。花粉症のアレルギー症状でお悩みの方がいらっしゃいましたら、ぜひ試してみてください。快適な花粉シーズンを過ごすことができますよ。


それでは、最後までお読み頂きありがとうございました。


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

カテゴリ:コラム  [コメント:0]

この記事に関連する記事一覧

comment closed

私が生涯でいちばん利益を出した投資法

本サイト限定!
3大特典をお付けしました!

 ①投資履歴図解
 ②メールサポート
 ③3点チャージマニュアル
↓↓↓
アベノミクス上昇相場でも
反対の暴落相場でも
どんな場面でも使える投資法
「7step株式投資メソッド」


資金100万円で
2か月で50万円儲けた投資法!

今年も一緒に
資産を殖やしていきましょう!
無料メルマガ登録

★今ならプレゼント付き

お問い合わせ
お問い合わせ
当サイトの内容や、取り扱っている商材についてご質問・ご相談のある方は、こちらをクリックしてお気軽にご連絡下さい。
管理人プロフィール
プロフ画像
短期株式投資アドバイザー
:株タツ
詳しいプロフィール

カテゴリー
これまでの募金額

通算募金額:57,000円

ミリオネアマインドの一環として、株式投資等で得た利益の一部を 募金しています。

2017年11月
« 10月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
サイト内検索

ページの先頭へ