銘柄選定後にショットガン投資法で失敗したらショートトレードに変更すれば100%負けない?【相場師朗式トレーダーの常識】

目安時間:約 8分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

 


「ショットガン投資法で失敗したらショートトレードに変更すれば負けないよね?」

 

「ショットガンで失敗したらヘッジを入れて建玉操作すれば勝ちにもっていけるよね?」

 
 

この記事では、そんなあなたの疑問に対する答えを書いていきます。

 
 

こんにちは。私はこのブログを運営している株タツと申します。
相場師朗氏のトレード手法を、書籍、教材、セミナー、株塾などで勉強し、脱サラしたトレーダーです。
 
 ⇒詳細なプロフィールはこちらをクリック

 
 

さて、相場式トレードにおいては、単発の売買である「ショットガン投資法」と、建玉操作を行う「ショートトレード」、などがあります (他にも「うねり取り」などがあります)。どちらも魅力的なトレード手法であり、ショットガンとショートトレードの両方に取り組む相場式トレーダーも多いのではないでしょうか。

 
 

そして、これらのトレード手法をやってみて、こういう疑問を持ったことはないでしょうか。

 

「銘柄選定をして、ショットガンで買いを入れた後に株価が下がってしまったが、損切りせずに売りヘッジを入れて、ショートトレードに変更して、そのあとは建玉操作をうまくやれば勝ちにもっていけるのではないか?」というものです。

 
 

この疑問に対して、最初に答えを書いておきますと、残念ながら答えは「No」です。

 
 

その理由はこの後に詳しく書きますが、答えが「No」である理由を知っておくと、相場師朗式のショットガン投資法やショートトレードをうまくやるコツや、銘柄選定におけるポイントなどが分かると思いますので、「答えが分かってスッキリした~」でおしまいにせずに、この後の続きも見逃さずにお読み頂けたらと思います^^

 
 

それでは、早速始めていきましょう!

 
 

▼プレゼント付きの「無料動画講座」の視聴はこちらをクリックして下さい ▼

 
 

銘柄選びにおいて、そもそも何を見ているのか?

 

「ショットガンで失敗したらショートトレードに持ち込むのはNG」ということを書きましたが、その理由を書く前に、相場師朗先生が教えるショットガン投資法とショートトレードの違いをまずは確認しておきましょう。

 
 

  • ショットガン投資法…単発の買いまたは売りのみでトレードする。反対売買のヘッジは使わない。
  • ショートトレード…建玉操作を使うトレード。反対売買のヘッジも使える。
  •  
     

    細かな点は省略してありますが、おおまかには上記のような違いがあります。

     
     

    要するに、「ショットガンで、もし失敗したら手仕舞いをする」、つまり「ショットガンで、うまくいかなかったら損切をする」ということです。

     
     

    そのため、このことが分かっていると、銘柄選定においてショットガンかショートトレードか、どちらを選んだらよいのか?が分かってきます。

     
     

    例えば、ある銘柄のチャートを見て、「これは買いで勝てそうだ!」と分かったとします。そのとき、ショットガン投資法でいくのか、ショートトレードでいくのか、を判断します。

     
     

    もし、買いエントリーをした後に、反対に株価が下がってしまった場合に、売りヘッジで対応できそうなストーリー(トレードプラン)があれば、建玉操作が可能なショートトレードを選ぶことができます。一方、売りヘッジが使えそうにないストーリーであれば、ショットガン投資法を選択することになります。

     
     

    つまり、銘柄選びの時点で考えるストーリー(トレードプラン)が重要、ということです。

     
     

    そのため、「もし失敗したらヘッジで対応できそうだ」というプランが無いのに、ショットガントレードを始めて、失敗してしまったときに「とりあえずヘッジを入れておこう」というような行き当たりばったりの対応をして、無理やりショートトレードに変更しても、たいていはうまくいかないのです。

     
     

    もちろん、ショットガンからショートトレードに変更するプランが成り立つ場合もありますが、それはあらかじめ、ショートトレードでもいけるストーリーが存在している場合か、あとは、たまたまうまくいっただけ、という場合です。

     
     

    プランが無いのに、あるいはプランを考えていないのに、ショットガン → ショートトレードに変更すると、十中八九は失敗してしまうのがオチです。

     
     

    ということで、「銘柄選定の段階で、ストーリー・プランを考えておくことが重要である」ということを頭に入れて頂き、今日はこのことだけでも持って帰って下さい^^

     
     
     

    ストーリー・トレードプランの立て方

     

    銘柄選びの時点でトレードプランを決めておくことが重要、ということは分かって頂けたかと思いますが、「じゃあ、トレードプランってどうやって考えるの??」と思われた方も多いのではないでしょうか。

     
     

    そこで、私のやり方をお教えしたいと思いますが、これをひとことで言えば「得意技を作る」ということになります。

     
     

    例えば、
    この勝ちパターンはショットガン投資法でやり、こうなったら手仕舞いをする、と決めておき、

     
     

    一方、
    この勝ちパターンであればショートトレードを選択し、こうなったらヘッジを入れ、こうなったら撤退する、と決めておくのです。

     
     

    もちろん、これらの内容はテキトーに決めるのではなく、ちゃんとしたやり方があるのですが、このようにあらかじめ明確なトレードプランがあることで、銘柄選びのときや本番トレードでも迷わないですし、ミスによる間違いも起きにくくなりますので、とてもオススメの方法です。

     
     

    このやり方を「得意技をつくる」と呼んでいるのですが、文章ではなかなか説明が難しいですし、とても長くなってしまいますので、得意技の作り方について解説動画を準備してみました^^

     
     

    得意技の作り方はとてもシンプルであり、特別難しいことはありませんので、お気軽に試してもらえたらと思います。まずは、無料の解説動画を視聴してみて下さいね!

     
     

    解説動画は無料で見ることができますので、どうぞお気軽にお試しください^^
     ▼
     ▼
     ▼
    「無料動画講座」の詳細を見るにはこちらの画像をクリックして下さい

     
     
     
     

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • 人気ブログランキング
    ▶無料動画講座
    管理人プロフィール
    プロフ画像
    短期株式投資アドバイザー
    :株タツ
    ⇒ 詳しいプロフィール
    &脱サラまでの道のりを告白。

     
    お問い合わせ
    お問い合わせ
    当サイトの内容や、相場式トレードなどについてご質問・ご相談のある方は、こちらをクリックしてお気軽にご連絡下さい。
    カテゴリー
    これまでの募金額

    通算募金額:69,300円

    ミリオネアマインドの一環として、株式投資等で得た利益の一部を 募金しています。
    2021年10月
     123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    25262728293031
    サイト内検索

    ページの先頭へ