チャートギャラリーは一生使える!相場式トレード手法をやっているなら早く導入すべし!

目安時間:約 8分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

 


「相場師朗氏の使っているチャートソフトって何?」

 

「相場式トレードをやるのに、チャートギャラリーって必要なの?」

 
 

この記事は、そんな疑問を持ったあなたの参考になるように書いています。

 
 

こんにちは。私はこのブログを運営している株タツと申します。
相場師朗氏のトレード手法を、書籍、教材、セミナー、株塾などで勉強し、脱サラに至ったトレーダーです。
 
 ⇒株タツの詳細なプロフィールはこちらをクリック

 
 

さて、相場師朗先生と言えば、「相場師朗の株塾」、「相場師朗の株は技術だ!」、「トレーディングフロア」などのラジオ番組に出演したり、東京、大阪、シンガポール、台湾などでセミナー講義をしたりしています。

 
 

そこで、株価チャートを使って、トレードの解説を行うのですが、その際に使われているチャートソフトが何かをご存じでしょうか?
それは、「チャートギャラリー」と呼ばれるチャートソフトで、パンローリング株式会社が販売しているソフトです。

 
 

ショットガン投資法、ショートトレード、うねり取りの相場式トレード手法を実践していれば、ほとんどの人が「チャートギャラリー」を導入していると言われています。

 
 

この記事では、この「チャートギャラリー」について、ポイントを簡単に解説いたします。
「チャートギャラリー」を導入するか迷っている方などの参考になればと思います。
それでは、早速始めていきましょう!

 
 

↓↓「無料メール講座」はここをクリックして下さい。↓↓

 

チャートギャラリーは早く導入した方が有利。

 

相場師朗先生も使っている「チャートギャラリー」。
チャートギャラリー(スタンダード)であれば、価格は30,000円(税別)です。

 
 

買い切りとはいえ、導入時にこれだけの費用が掛かりますので、購入するか迷っている場合もあるのではないでしょうか?

 
 

しかし、先に結論を言ってしまえば、チャートギャラリーは早く導入した方がよいです。
なぜなら、追加費用が一切かかりませんし、一生使えるツールだからです。

 
 

ご存じの通り、相場師朗先生は株塾などの講義でチャートギャラリーを使って解説をしてくれます。
そのため、普段から同じ道具をつかうことで、見慣れた画面で講義を受けられるので、すんなりと脳に入ってきます。

 
 

早くからチャートギャラリーを使った方が、チャート画面にも慣れるのも早いですから、追加費用がかからないことも考えれば、早く導入すればするほど有利だということになりますね。

 
 

なお、チャートギャラリーは「スタンダード」を選択すれば十分です。
相場式トレードを実践するにあたっては、「プロ」や「エキスパート」を購入する必要はありません。

 
 

チャートギャラリー(スタンダード)の詳細については、こちらをクリックしてご確認ください。

 
 

チャートギャラリーの設定、使い方について

 

チャートギャラリーはいろいろな設定ができますが、相場式のショットガン投資法、ショートトレード、うねり取りをするにあたっては、移動平均線の設定と、銘柄一括登録、銘柄の追加くらいができれば十分でしょう。

 
 

相場式の移動平均線の設定については、下記を設定しておけばOKです。

 

  • 3日線
  • 5日線
  • 7日線
  • 10日線
  • 20日線
  • 30日線
  • 60日線
  • 100日線
  • 300日線
  • 終値線
  •  

    設定のやり方については詳細はマニュアルに譲りますが、画面左側の「1段目」というところを右クリックして、「追加」を選択し、「指標」を「移動平均」にして、期間を変える(3日線なら「3」にする)だけです。

     
     

    また、相場師朗先生は、JPX400銘柄でのトレードを推奨されていますから、JPX400銘柄を銘柄登録しておくとよいです。

     
     

    ちなみに、株塾(ファームボンド)では、JPX400銘柄や、東証一部銘柄を登録した、銘柄一括登録データを提供してくれますので、株塾塾生であればカンタンに銘柄一括登録をすることができて便利ですね。

     
     

    それから、相場先生がショットガンやショートトレードについての講義をするときに、ローソク足を非表示にして、移動平均線だけを表示して、解説をしてくれることがあります。

     
     

    そのやり方はカンタンで、チャートギャラリーの左画面の「1段目」とある部分で、銘柄名(例:日経225であれば、「日経225」と表示されている部分)を右クリックします。
    そして、「非表示」を選択します。これで、ローソク足を非表示にすることができます。

     
     

    ローソク足非表示のやり方を知っておくと、移動平均線だけを見ることができますから、株価の流れをつかむことができるようになります。
    ぜひ知っておくべき操作方法の一つです。

     
     

    チャートギャラリーでスクリーニングをしたい!という人もいるかもしれませんが、相場先生のトレード手法に取り組むにあたっては、最低限、これくらいのことができれば十分でしょう。
    早く操作に慣れて、相場師朗先生のトレード技術を身に付けるための道具を使いこなしていきましょう!

     
     

    無料メール講座を試してみて下さい。

     

    チャートギャラリーが使いこなせるようになったら、次は無料メール講座で勉強してみましょう!

     
     

    私が実際にチャートギャラリーに銘柄登録している銘柄一覧も紹介していますので、お気軽にお試し下さい^^



    ◆「無料メール講座」については、下の画像をクリックしてご確認下さい◆

     

    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • 人気ブログランキング
    無料メール講座(メルマガ)
    管理人プロフィール
    プロフ画像
    短期株式投資アドバイザー
    :株タツ
    詳しいプロフィール
    &脱サラまでの道のりを告白。

    お問い合わせ
    お問い合わせ
    当サイトの内容や、相場式トレードなどについてご質問・ご相談のある方は、こちらをクリックしてお気軽にご連絡下さい。
    カテゴリー
    これまでの募金額

    通算募金額:60,600円

    ミリオネアマインドの一環として、株式投資等で得た利益の一部を 募金しています。

    2019年5月
    « 4月    
     12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    サイト内検索

    ページの先頭へ