短期相場トレードの技術はFXや先物取引(日経225先物等)、デイトレードにも使える?

目安時間9分
  • コピーしました

 


「ショットガン投資法って、FX、先物取引、デイトレードでもできるの?」

 
「ショットガン、ショートトレード、うねり取りは、日本株相場のトレード以外にも使えるの?」

 
 

この記事は、そんなあなたの疑問にお答えできるように書いています。

 
 

こんにちは。私はこのブログを運営している株タツと申します。
うねり取り・ショットガン・ショートトレードを、書籍、株の教材、セミナー、塾などで勉強し、脱サラに至ったトレーダーです。
 
 ⇒詳細なプロフィールはこちらをクリック

 
 

さて、これまで、うねり取りに始まり、ショットガン投資法、ショートトレードのやり方・コツ・練習方法が学べるよう、いろいろな株相場の教材やセミナーや塾や書籍がリリースされてきました。

 
 

さらに、「株は技術だ!」、「トレーディングフロア」などのラジオ番組でも、その技術が伝えられてきました。

 
 

これらの教材やセミナーでは、うねり取りやショットガンなどのトレード技術は、日本株での相場 (特に、東証一部上場銘柄、JPX400銘柄)でのトレードを前提として講義をされています。

 
 

しかし、なかには、「FXトレードでショットガントレードはできるのか?」 「日経225先物トレードでショットガン投資法やショートトレードやうねり取りはできるのか?」 「デイトレードでもこのトレード手法は使えるのか?」 と疑問に感じる場合もあるかと思います。

 
 

先に結論を言ってしまいますと、ショットガン投資法・ショートトレード・うねり取りは、FX、先物取引(日経225先物等)、デイトレードにも使うことができると考えています。

 
 

この記事では、その理由を含めて、その詳細書いてみたいと思います。
FXトレーダー、先物トレーダー、デイトレーダー相場師の皆さんの参考になれば幸いです。
それでは、始めていきましょう!

 
 

↓↓「無料動画講座」をどうぞ。↓↓

 
 
 

チャートがきれいにうねっていればOK

さて、ショットガン投資法、ショートトレード、うねり取りをやる際、銘柄選定にあたって、「株価チャートがきれいにうねっていればOK」という判断基準があります。

 
 

たくさんの出来高がある銘柄であればOK、という判断基準もありますが、つまりは、株価チャートがきれいにうねっている、と同じことになります。
出来高が多い → 株価チャートがきれいにうねっている → チャート(相場)の先が読みやすい → 狙ったトレードができる ということですね!

 
 

そうすると、FXでも、先物トレードでも、デイトレードでも、チャートがきれいにうねっていれば基本的には大丈夫、ということになります。
つまり、チャートがきれいにうねっていれば、ショットガン投資法、ショートトレード、うねり取りの実践は可能、ということになります。

 
 

反対に、チャートを見て、きれいにうねっていない場合は、ショットガンやショートトレードやうねり取りは難しい、ということになります。
例えば、ローソク足が飛び飛びになって「窓」がたくさん開いている場合や、上げ下げが激しいために移動平均線がカクカクとしている場合などは、チャートがきれいにうねっていない、と判断します。
そういうチャート(相場)のものは、ショットガンやショートトレードやうねり取りを避けた方がよい、ということですね。

 
 

FXでも、先物トレードでも、デイトレードでも、また、日本株でのトレードにおいても、チャートがきれいにうねっているかどうかをまずは確認してみて下さい!

 
 
 

関連記事:

勝てない理由は練習方法にあった?短期相場トレードの練習方法はコレ!

 
 
 

先生も実際にやっている・やっていたトレード

まず、商品先物(金=ゴールド、大豆、原油、等)、海外指数先物(NYダウ先物、独DAX30先物、等)についてですが、この記事を書いた時点においては、先生自身もバリバリにトレードをなさっています。
実際のトレード結果をお話をされることもありますしね。

 
 

ちなみに、先生が出演されているラジオ番組「トレーディングフロア」(ラジオNIKKEI第1)は、提供がサクソバンク証券(SAXO BANK)なのですが、サクソバンク証券は、海外商品先物も取り扱っている証券会社です。

 
 

また、先生が講義などでショットガンやショートトレードや相場の解説をしているときに、「日経225先物でトレードをしていらっしゃる場合は・・・」というお話をされることがありますので、日経225先物でのトレードも大丈夫ということになります。
限月が近いもの(期近)を選べば、出来高は十分であり、チャートはきれいにうねっていますしね。

 
 

続いて、デイトレードについてですが、先生ご自身が、日本株のある銘柄で、2分足を使ったデイトレードを実践しているのを見たことがあります。
私の記憶では、確か、2分足のデイトレードはうねり取りのよい練習になる、という説明をされていたと思います。
このことから、デイトレードでも大丈夫ということになります。
もちろん、デイトレードになってもチャートがきれいにうねる、出来高の多い大型株を選ぶことが前提になります。

 
 

最後に、FXについてですが、ドル円などのチャートを使って、ショットガンやショートトレードの解説をされることもありますし、実際のトレード結果をお話をされることもあります。
このことから、FXでも大丈夫ということになります。

 
 

これらのことから、FXでも、先物トレードでも、デイトレードでも、チャートがきれいにうねっているものであれば、ショットガン投資法・ショートトレード、うねり取りを実行することは可能、ということになりますね!

 
 
 

FX、先物、デイトレでも知っておくべき「鉄板パターンの使い方」

 

ここまで、FXトレードでも先物トレードでもデイトレでも、ショットガンやショートトレードなどのトレード手法が使える、というお話をしてきました。
私自身も、日本株のトレードだけでなく、先物相場においてもトレードを実践しています。

 
 

その際、日本株でのトレードと同じように「鉄板パターン」(勝ちパターン)の形になっているチャートを探してトレードをするのですが、「習った鉄板パターン」をそのまま単純にあてはめてトレードしていてはいけません。

 
 

これはついついやってしまいがちなコトではありますが、その理由と対策方法を知っておくと、今後のトレードを有利に進めることができますので、今のうちにコレはぜひ知っておいてほしいと思います。

 
 

その詳細については、下記の「無料動画講座」で解説していますので、ぜひご確認下さい。
 ↓
 ↓
 ↓
◆「無料動画講座」の詳細はこちらの画像をクリックしてご確認下さい◆

 
 
 
 

  • コピーしました
▶無料動画講座
管理人プロフィール
プロフ画像
短期株式投資アドバイザー
:株タツ
⇒ 詳しいプロフィール
&脱サラまでの道のりを告白。

 
お問い合わせ
お問い合わせ
当サイトの内容についてご質問・ご相談のある方は、こちらをクリックしてお気軽にご連絡下さい。