銘柄選びはどっちが有利?たくさんの中から銘柄選定?銘柄を固定して毎日チャート観察?

目安時間:約 9分
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング

 


「銘柄選びでは、JPX400銘柄のようなたくさんの銘柄から選定する方法がよいの?」

 

「それとも、いくつかの銘柄を固定して、毎日チャートを観察チェックするやり方がよいの?」

 
 

この記事は、そんなあなたの疑問に対して少しでも参考になるように私自身の体験を交えて書いています。

 
 

こんにちは。私はこのブログを運営している株タツと申します。
相場師朗氏のトレード手法を、書籍、教材、セミナー、株塾などで勉強し、脱サラしたトレーダーです。
 
 ⇒詳細なプロフィールはこちらをクリック

 
 

さて、相場師朗先生といえば、9101 日本郵船を毎日追いかけてトレードをすることで、資金60万円を20億円まで増やしたと言われているプロトレーダーですが、このように銘柄を固定して毎日観察して、チャンスがきたらトレードをする、という方法があります。

 
 

一方、「ジェイコム株大量誤発注事件」で有名なジェイコム男ことB・N・Fさんのトレード手法は、たくさんの銘柄をチェックしてその中からトレードチャンスの銘柄を選んで短期トレードをしているのではないか、とB・N・Fさんのインタビューなどを見た相場先生が以前推測されていましたが、(昔の話なので記憶違いでしたらすみません)

 
 

つまり、ショットガン投資法のようなトレードのやり方で、JPX400銘柄のようなたくさんの銘柄の中からトレードチャンスにあるものを定期的に探して、トレードをしていく、という方法があります。

 
 

そうなると、
「いったいどっちのやり方がよいのか?」
という疑問が湧いてくるかもしれません。

 
 

そこでこの記事では、銘柄を固定して毎日観察する方法と、たくさんの銘柄をチェックする方法のそれぞれについての利点や意味を書き出し、また、脱サラした私が実際にやっている方法についても合わせて書きたいと思います。
それでは、早速始めていきましょう!

 
 

▼オリジナルの「無料動画講座」を見てみるにはこちらをクリックして下さい ▼

 
 

ショットガン投資法ではたくさんの銘柄をチェックするのが基本だが…

 

相場式トレーダーであれば、ショットガン投資法やショートトレードを実践している方が多いと思いますので、そうなると比較的短期のトレードをすることになります。そのため、たくさんの銘柄を定期的にチェックすることでトレードチャンスが多くなると言えます。

 
 

そのため、JPX400銘柄を毎週末にチェックして、トレードチャンスがやって来そうな銘柄を選んでおき、翌週にチャンスが来たらエントリーをする、という流れが考えられますね。

 
 

一方、相場式トレーダーの中には、うねり取りを実践している方もいらっしゃるかもしれません。うねり取りあれば、必然的に少しの銘柄を固定して追いかけることになります。うねり取りは長期間に渡ってトレードを行いますし、資金をある程度集中させて投入しますので、たくさんの銘柄でトレードを行うには向いていないからです。

 
 

ということで、ひとつ考えられるのが、ショットガンやショートトレードのような短期メインの相場式トレードであれば、たくさんの銘柄をチェックしてその中から銘柄選びを行うのが基本、ということになります。

 
 

ここまではごく当たり前のことを書いていますし、「そんなこと知ってるよ!」という方も多いかと思いますが、もう少しお付き合いください^^;

 
 

さて、私自身、相場師朗先生から学んだのショットガン投資法やショートトレードをメインにトレードを行っていますが、JPX400銘柄や日経225銘柄を中心としたたくさんの銘柄の中から週末に銘柄選定を行い、週明けからトレードを行っていく、という流れをとってきました。

 
 

ただ、あるときから、「いくつかの銘柄を固定して毎日追いかけてチャートを観察する」ということも平行してやったのですが、そのときに思わぬ効果があったのです。

 
 

このことについて、次の章で詳しく書いていきたいと思います。

 
 

関連記事:

銘柄選びに悩んだら。相場師朗式トレードでは銘柄選定をこうやる。

 
 

銘柄を固定して毎日観察すると分かること。

 

私の場合、銘柄選定については前述のように週に1回実施していますが、さらに、いくつかの銘柄を固定して毎日チャートを観察して追いかける、ということを平行して行いました。

 
 

もう少し詳しく書きますと、自分の得意な場面にある銘柄をピックアップして、その銘柄を毎日追いかける、という方法をとったのです。

 
 

例えば、私の場合、下落トレンドの場面(例えば、逆PPP=逆パンパカパンの場面など)でのトレードが得意なのですが、そういう場面にある銘柄をJPX400銘柄や日経225銘柄などから抽出しておいて、これらの銘柄のチャートを毎日見ていくのですね。

 
 

そうすると、今までは見逃していたようなトレードチャンスも逃さないようになったり、見送るべき場面でのトレードを見送れるようになったりしたのです。つまり、トレードの精度が上がったのですね。

 
 

これは言葉に表すのが難しいのですが、同じ銘柄を毎日追いかけることで、株価の流れや、ローソク足の並び方により深く注意を払うことができるようになったのではないかと考えています。

 
 

だからこそ、これまでのやり方=たくさんの銘柄からチャンスと思われる銘柄を選ぶ方法、よりも、より正しくチャートを読み取ることができ、より精度の高いトレードができるようになったのではないかと考えています。

 
 

言葉に表すのが難しいので、まだボンヤリとしてうまく伝わらないかもしれませんが、もしあなたが、「たくさんの銘柄の中から定期的に銘柄選定をする」というやり方だけをやっているのであれば、そこに、「いくつかの銘柄を固定して毎日追いかける」ということをやってみると、私の言いたいことが伝わるかもしれません^^

 
 

ここでひとつ注意点ですが、固定した銘柄を毎日追いかけるときは、自分の得意な場面にある銘柄を追いかけるのが効果的です。ただし、「自分の得意な場面」というのはテキトーに選ぶのではなく、順を追ってしっかりと選んでおくことが必要です。

 
 

その方法は、実際に私がやっている「得意技を作る」というやり方なのですが、これは「得意技」を作ることで、自分の得意な場面を作っておく方法なのですね。

 
 

この得意技を作る方法については、下記の画像をクリックすることで確認ができますので、ぜひあわせてご覧頂ければと思います!
 ▼
 ▼
 ▼
「得意技の作り方」の詳細は、下記の画像をクリックしてご確認下さい

 
 
 
 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 人気ブログランキング
▶無料動画講座
管理人プロフィール
プロフ画像
短期株式投資アドバイザー
:株タツ
⇒ 詳しいプロフィール
&脱サラまでの道のりを告白。

 
お問い合わせ
お問い合わせ
当サイトの内容や、相場式トレードなどについてご質問・ご相談のある方は、こちらをクリックしてお気軽にご連絡下さい。
カテゴリー
これまでの募金額

通算募金額:69,300円

ミリオネアマインドの一環として、株式投資等で得た利益の一部を 募金しています。
2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
サイト内検索

ページの先頭へ