株式投資で一番使えるシグナルはコレ!トレーダーなら必ずマスターしたい技を紹介。

目安時間8分
  • コピーしました

 


「株式投資で一番使える鉄板シグナルは何?」

 

「トレーダーが必ずマスターしておくべきワザはどれ?」

 
 

この記事は、そんなあなたの疑問について参考になるようにと書きました。

 
 

こんにちは。私はこのブログを運営している株タツと申します。
うねり取り・ショットガン・ショートトレードを、書籍、動画教材、セミナー塾などで勉強し、脱サラしたトレーダーです。
 
 ⇒詳細なプロフィールはこちらをクリック

 
 

さて、うねり取り・ショットガン・ショートトレードにおいては、相場で使えるたくさんの「ワザ」があります。ここで、「ワザ」=技=鉄板パターン=鉄板の売買シグナルのことです。

 
 

ワザの例としては、「下半身」(ラジオ番組では「半分の法則」と呼ばれていました)、「トライ届かず」、「9の法則」、「くちばし」などがあり、独特の名前が付けられており、聞いたことがあるものもあるかと思います。

 
 

また、ワザの種類はたくさんありますが、これまで発売された本(「一生モノの株のトリセツ」「世界一安全な株のカラ売り」「株チャート図鑑」「相場の赤本」「株の技術大全」などの著書)でも解説されていますので、手軽に学ぶことができるのも嬉しいですね。

 
 

一方、これだけたくさんのワザがあると、「どのシグナルが一番使えるの?」と気になるかもしれません。もちろん、どれも使えるものばかりなのですが、ワザを早くマスターして使えるようになるためには、ワザを絞って勉強や練習をした方がよいですし、「できれば一番使えるシグナルから使ってみたい!」と思うのは当然のことですしね。

 
 

そこでこの記事では、うねり取り・ショットガン・ショートトレード経験者である私が実際にいろいろなシグナルを使ってトレードをしてきて、個人的にいま一番使えると感じているものを挙げたいと思います。
それでは、早速お話していきましょう!

 
 

▼オリジナルの「無料動画講座」の詳細を見てみるにはこちらをクリック ▼

 
 

一番使えるシグナルはコレ!

 

あまりダラダラと書いてもいけませんので、まず一番最初に答えを書いておきます。それは、私が個人的に一番使えると感じているシグナルは「W底」です。

 
 

「えっ、W底って、いわゆるあのW底?」と、もしかしたら意外に思われるかもしれません。

 
 

W底はごく一般的な鉄板パターンであり、一般的すぎてオリジナルのワザでもないくらいです。
(移動平均線のW底のことを「オシリ」と先生が呼んでいた時期もありましたが・・・)

 
 

株式トレーダーであればW底のことを既に知っている人が多いかと思いますが、念のためにカンタンに書いておきますと、W底とはダブルボトムとも呼ばれ、株価が底を付けてアルファベットの「W」の形のようになる場面のことです。

 
 

うねり取り・ショットガントレーダーであればチャートギャラリーを使っている方は多いと思いますので、お好きな銘柄のチャートを過去30年分などさかのぼってチェックしてみて下さい。W底は、過去のチャートを見てみても比較的カンタンに見つかると思います。

 
 

また、W底はオリジナルのシグナルではありませんが、講義でもたびたび登場しているように感じます。これは、W底がごく一般的なシグナルだから、ということもありますが、やっぱりW底が使えるシグナルだからなのではないかと思います。

 
 

「何かワザを極(きわ)めたい」
「何か使えるシグナルは無いか?」
と思っていたのであれば、今一度この「W底」に注目してみるのはいかがでしょうか?

 
 

関連記事:

勝てない理由は練習方法にあった?短期相場トレードの練習方法はコレ!

 
 

まずは試しに1つのシグナルをきわめてみる

 

「W底が使えるって言われても、W底なんてもうよく知ってるし・・・」ともしかしたらおっしゃるかもしれません。

 
 

私自身も、うねり取り・ショットガン・ショートトレードを学び始めたときは、新しいワザを学ぶたびにドキドキワクワクして、新しく覚えたワザから使っていったのを覚えています。

 
 

もちろん、新しく習ったシグナルから使っていくのもよいですが、もうよく知っているはずのW底のことを私たちはいったいどこまで知っているのでしょうか。

 
 

私自身も、前からW底のことは知っていましたが、いざW底のことを突き詰めていくと、知らないことが多かったことに気づかされました。

 
 

例えば、
「こういう相場でのW底は効果的なんだな」とか、
「こういう形のW底はイマイチなんだな」とか、
1つのシグナルに絞って突き詰めて研究をしていくと、いろいろなコトに気づくのですね。

 
 

「研究」と書くと仰々しいものに見えますが、やっていることは決して難しいことではなく、簡単に言えば過去のチャートをチェックしていくだけです。

 
 

そうしていくと、1つのシグナルについてドンドンと詳しくなっていき、そのワザ専門の相場師になっていくのですね。これを私は「得意技を作る」と呼んでいます。

 
 

私自身も、W底を使った「得意技」を作り、本番トレードで活用しています。個人的にも本番トレードでいま一番目か二番目に活躍している得意技と言えます。

 
 

「W底なんてもう知ってる」と言うのは簡単ですが、チャンスを切り捨ててしまうことにもなりかねませんので、ぜひこのW底を極めて、得意技を作ってみてはいかがでしょうか?

 
 

前述のように、得意技の作り方は特別難しいことは何もありませんし、そのやり方については下記の動画講座(無料)でお話をしていますので、お気軽に体験して参考にして頂ければと思います^^

 ▼
 ▼
 ▼
「無料動画講座」の詳細は、下記の画像をクリックしてご確認下さい

 
 
 
 

  • コピーしました
▶無料動画講座
管理人プロフィール
プロフ画像
短期株式投資アドバイザー
:株タツ
⇒ 詳しいプロフィール
&脱サラまでの道のりを告白。

 
お問い合わせ
お問い合わせ
当サイトの内容についてご質問・ご相談のある方は、こちらをクリックしてお気軽にご連絡下さい。